住友林業のメンテナンス費用は?実際にかかるコストを解説

住友林業_メンテナンス費用

こんにちは。親子3世帯で住友林業の家、32歳で念願のマイホームを新築した宝矢みつおです。

  • 住友林業のメンテナンスはいくら?
  • メンテナンス保証はどんな内容?
  • 無料保証はどこまで?期間は?

メンテナンス費用がいくらかかるのか、家が建つ前の段階ではイメージしづらいですよね。

今回は我が家の経験をもとに入居後にかかるメンテナンス費用を具体化していきます。ぜひ参考にしてください◎

宝矢みつお_プロフィール画像

宝矢みつお(家づくりブロガー)

親子3世帯で住友林業の家、22年10月にマイホームを新築。計20年以上を住友林業の家に住む経験と培った知識を活かし、家づくりに役立つ情報を発信します。

準備しておくメンテナンス費用

住友林業のメンテナンス費用はどのくらいか、2階建て35坪の我が家を例に見てみましょう。

メンテナンス費用の実例(目安)

30年目までの総額: 3,960,000円

積立額: 年132,000円 / 月11,000円

メンテナンス費用の積立額は、坪数など建物の仕様によって変わりますので目安としてください。

ちなみに、ご自身のメンテナンス費用を確認したい場合は、建築請負契約時にもらえる維持保全計画書から確認できます◎

外廻り全般
(屋根・外壁など)
30年サイクル
タームガード
(防蟻処理)
10年サイクル
住友林業 メンテナンスサイクル

メンテナンス内容は外装全般30年目まで修繕不要ですが、タームガード防蟻処理のみ10年ごとに再施工が必要となります。

修理維持費だけを見ると高く感じますが、住友林業は一般のものよりメンテナンス回数が少なく済むのでコストを抑えられます◎

住友林業の坪単価・総額・実例価格は以下記事を参照ください)

住友林業_坪単価_総額 【2024年版】住友林業の総額や坪単価は?実例価格も発表します

メンテナンス費用は決して高くない

住友林業は修理維持の回数が少なく済むため、メンテナンス費用を抑えることができます。

外壁メンテナンスを例に、一般との違いを比較してみましょう。

30年目までの外壁メンテナンス費用比較

【一般的な塗装業者の場合】
100〜120万円 × 3回 = 300〜360万円

【住友林業の場合】
150万円〜200万円 × 1回 = 150〜200万円

外壁メンテナンスサイクルは一般的に10年ごとですが、住友林業は30年ですので2回分の再塗装コストを削減できます。

再塗装1回分だけだと費用相場より2〜3割ほど高いですが、回数が少ない分トータル安く済むわけです◎

住友林業が高い理由は以下記事を参照ください)

住友林業_高い_理由 住友林業が高いのは初期費用だけ!実はコスパ抜群の理由を解説

メンテナンス費用を抑えられる理由

  • タームガード回数が少なく済む
  • 高耐久部材で長期メンテナンスフリー
  • 最長60年の無料点検プログラム

住友林業はメンテナンス費用を抑える工夫が盛りだくさん、無料点検も高い頻度で実施され長期安心です。

住友林業の特徴・強み弱みは以下記事を参照ください)

住友林業の家_特徴_強み弱み 住友林業の家の特徴は?強み弱みを建てた目線でまとめました

タームガード回数が少なく済む

住友林業_メンテナンスサイクル
出典:住友林業と一般住宅のメンテナンスサイクル比較図

メンテナンス費用を抑えられる理由の1つは、「タームガードシステム」という防蟻処理の回数が少ないことです。

防蟻薬剤の注入は一般的に5年サイクルですが住友林業は10年サイクル、防蟻再施工1回につき約10~15万円ほどかかるので通常より半分の回数とコストにできます。

60年間でかかるメンテナンス費用を比較すると、なんと300〜450万円も抑えられますよ◎

高耐久部材で長期メンテナンスフリー

2つ目の理由は「外装材が高耐久」である点、住友林業オリジナル外装『LS30仕様』は30年間メンテナンス要らずです。

30年メンテナンスフリーの住友林業の外装材
出典: 住友林業の高耐久部材『LS30仕様』

一般的に外装材のメンテナンスサイクルは10年ごとですので、想定される修繕費を大幅に抑えることができます。

選べる外装の種類カラーは限られますが、60年耐久の外装材『LS60仕様』も用意されています◎

住友林業でしかできないことは以下記事を参照ください)

住友林業_でしかできないこと 住友林業でしかできないこと5選!オンリーワンの魅力を深掘り

60年目まで実施の無料点検プログラム

点検回数1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目11回目12回目
点検時期3ヶ月1年2年5年10年15年20年25年30年40年50年60年
住友林業 無料点検

3つ目に「手厚い点検サポート体制である」点、無料点検が60年目までに計12回に実施されます。

家の状態を長期に渡ってこまめに点検してもらえるのは安心ですよね。

メンテナンス点検項目・箇所

【構造躯体】
→ 構造躯体・防蟻処理など

【外廻り】
→ 屋根瓦・軒天・雨樋・破風・外壁など

【配管】
→ 給水給湯管・排水管・ガス管・電線ケーブルなど

ただし、30年目以降に無料点検を受けたい場合は延長保証をおこなう必要があるので注意しましょう。(延長保証を辞退した場合、以降の点検は有償)

住友林業_60年保証システム
出典: 住友林業の60年保証システム

とはいえ、国で定められている保証期間は10年ですから、30年保証されるのは非常に大きいです◎

住友林業の保証アフターサービス内容は以下記事で解説しています)

住友林業_保証アフターサービス 住友林業の保証アフターサービスは?他社比較から充実度を徹底解明

設備機器も10年間保証

住友林業_住宅設備10年保証制度
出典: 住友林業の住宅設備10年保証制度

住宅設備10年保証制度

指定した設備機器の【自然故障】について、お引き渡しから10年間無料で出張修理・部品交換を受けることができる住友林業のサービスです。

引用元: 住友林業の住宅設備10年保証制度

住友林業では建物の30年初期保証だけでなく設備機器も長期保証、一般的にメーカー保証は2年ですが10年保証です。

故障の心配があるエアコン・給油器・換気扇などが、出張料・作業料含めて全額無料で修理対応してもらえます。

保証対象となる設備機器

・エアコン ・システムバス ・システムキッチン ・洗面化粧台 ・トイレ ・給湯器 ・換気扇 ・シャッターサッシ部品など

参照元: 住友林業 維持保全計画書

ただし、建築請負契約書に含まれる機器のみ対象、施主支給など住友林業を経由でない設備は対象外です。

保証されるケースも「災害時など自然故障の場合のみ」となりますので気をつけましょう。

住友林業で気をつけることは以下記事で解説しています)

住友林業で気をつけること7選!検討の際に注意しておきたいこと

メンテナンス保証はどこまで?

  • 外装の無償保証は自然故障時のみ
  • タームガードは有償メンテナンス
  • 配管修理を希望する場合は有償

住友林業のメンテナンスは長期にわたって広く保証されますが、すべてのメンテナンスが無償でない点に注意です。

外装の無償保証は自然故障時のみ

無償保証となる範囲

・構造躯体(壁 / 基礎 / 柱 / 梁)

・屋根(瓦 / ルーフィング / 破風 / 軒天)

・外壁(モルタル吹付け )

・その他(雨樋 / バルコニー防水)

60年保証システム

「維持保全計画書」に基づくメンテナンス工事を当社で実施していただいた場合、構造躯体および防水を最長で60年間保証します。

引用元: 住友林業の60年保証システム

防水面も含めて外装全般30年保証ですが、無償となるのはヒビ割れなど自然故障の場合のみとなります。

例えば、汚れによる外壁再塗装を希望した場合は経年劣化でないため保証期間内でも有償です。

また、設備機器と同様に「自然災害による修繕」も有償なので火災・地震保険等で備えておきましょう。

住友林業の火災保険については以下記事で解説しています)

住友林業_火災保険 住友林業の火災保険「スミリンエンタープライズ」を徹底解説

タームガードは有償メンテナンス

住友林業_防蟻再施工のメンテナンスサイクル
出典:住友林業と一般住宅のメンテナンスサイクル比較図

防蟻再施工は有償メンテナンスですが、一般住宅に比べてメンテナンスサイクルが少ないため費用を軽減できます。

一般住宅5年サイクルに対して住友林業は10年サイクルと半分の回数、シロアリ駆除は一回およそ10〜15万円かかるので、60年で300〜450万円も抑えることができます◎

住友林業で後悔したことは以下記事を参照ください)

住友林業_後悔 住友林業で後悔した5つのこと!失敗事例から学ぶ対策方法

配管修理を希望する場合は有償

配管の修理補修を希望する場合は有償ですが、初期保証30年目までにメンテナンス時期を向かえるのは排水管のみです。

点検時期メンテナンス時期
給水・給湯管30・60年目
ガス管・電線・ケーブル30・60年目
排水管5・10・15・20・30・40・50・60年目
住友林業の配管点検補修時期の目安

万が一、修理補修が必要な場合は定期点検時に提案がありますが修理補償をおこなうかは任意となっています。

参考までに、住友林業で建てた私の実家が築25年ほどですが、今のところ配管に補修箇所は出ていません◎

住友林業のデメリットは以下記事を参照ください)

住友林業_デメリット 住友林業のデメリット7つ!建てて感じる不満点を解説

まとめ

住友林業は坪単価85〜110万円と初期費用は高額ですが、ランニングコスト維持費を含めるとコスパは良いといえます。

メンテナンス性の高さだけでなく、アフターサービス保証も充実しており長く安心です。

住友林業オーナー紹介制度(紹介割引)でお得に建てられますので、検討中の方はぜひご活用ください◎

住友林業オーナー紹介制度・紹介割引については以下記事で解説しています)

住友林業_紹介制度_紹介割引 住友林業の紹介制度(紹介割引)のメリットを利用者目線で解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です